【不眠症改善】抗うつ剤で不眠を解消!その効果とは?

うつの方が不眠症になりやすいって知っていますか?
そして抗うつ剤で不眠症対策ができることも。
抗うつ剤の多くは精神安定作用があり、不眠にも効果のあるものが多いのです。

そこで不眠症に効果のある抗うつ剤の中でも人気の高いものを紹介していきます。

アリピゾル

抗うつ剤アリピゾル

アリピゾルは有効成分がアリピプラゾールでドーパミンの放出量を調整・安定させてくれます。
アリピゾルはエビリファイのジェネリック医薬品で値段は比較的安い部類に入ります。

副作用としては首や手足や顔の震え、硬直や神経過敏、頭痛、持続勃起などが挙げられます。

中枢神経剤の投与をされている方は、効果が強まることがあるので服用が禁忌とされており、アドレナリンの服用されている方もこれに同様です。
その他使用に注意が必要な症状がありますので購入前によくご確認ください。

ドグマチール

抗うつ剤ドグマチール

ドグマチールは有効成分がスルピリドで、統合失調症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍にも効果的とされ、使用は幅広いです。
うつからくるストレスが胃腸のトラブルのもとになることもあり、うつを抱える方にも人気のお薬です。

副作用としては身体の強張り、乳汁分泌、眠気、倦怠感などが報告されています。

バスパージェネリック

抗うつ剤バスパージェネリック

バスパージェネリックはその名前の通りバスパーというお薬のジェネリックです。
有効成分はブロスピン。
服用するとドーパミンの働きを上げて不安感の解消につながります。

副作用には頭痛、立ちくらみ、倦怠感などの報告があります。

ブロスピンのアレルギーがある方は服用しないでください。

トラゾニル

抗うつ剤トラゾニル

トラゾニルはデジレルというお薬のジェネリックです。
抗うつ剤としての服用が基本ですが、不眠症に対しても十分な効果が確認されており睡眠導入剤として不眠症の方にも利用されています。

副作用には眠気、眩暈、ふらつき、手の震えや便秘気味になるといった症状が報告されいます。

アルコールと一緒に服用はできませんので注意してください。

バスピン

抗うつ剤バスピン

バスピンは先ほども出たバスパーというお薬のジェネリックです。
有効成分はブロスピン。
こちらも服用するとドーパミンの働きを上げて不安症状の緩和につながります。

副作用には頭痛、立ちくらみ、倦怠感などの報告がありますが従来の抗うつ剤などと比較すると副作用は少ないと言われています。

ブロスピンのアレルギーがある方は服用しないでください。

不眠症に効く抗うつ剤紹介のまとめ

5つの不眠症にも効果のある抗うつ剤を紹介しましたがいかがだったでしょうか?
不眠症に効果のある抗うつ剤は紹介した以外にもたくさんの種類があります。
気になる方はぜひ探してみてください。

睡眠薬や睡眠導入サプリなどを試してうまくいかなかった方の不眠症がこれで改善されることを願っています。
ぜひ、良い睡眠を取り戻してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です